1) トップ

() 2000 年 12 月 09 日の日誌 から

チェーンメールの憂鬱

インターネットの電子メールってとても便利なものだけど,やっぱり ルールってものがある んです.その一つがチェーンメールの禁止でこれは「 () RFC1855 」っていう文書のなかにあるんです.

チューンメールは禁止ってきくと「チェーンメール」がなにかよく分かっていない場合には,「いたずらのメールを転送することでしょ,そんなことはやらないよ」なんて 勘違い する場合があるのですが,いたずらのメールではなく 「このメールを転送してください」というメール,そういうメールを転送することが「チェーンメール」であって禁止されている のです.だから内容は問われません.いたずらのチェーンメールもあるでしょうし,人命にかかわる深刻な内容のチェーンメールもあります.

どんな深刻な内容でもそもそもチェーンメールという方法が悪いのです.「目的のためには手段は選ばない」って感じの悪さなんですね.

人命にかかわる重大な問題が発生したので,広く人々に告知したい.その時にテレビやラジオ,新聞などに広告を出すというのはどうでしょう?これはコストが心配ですね.いくら人命が大切でもボランティア的にそんな費用は用意できないのです.放送する側からみても人命に関わるような問題とはいっても電波に載せる価値があるかどうか考えて,価値がないって思ったらそうそう電波に載せないわけです.

電子メールは気楽に送信できて,100 人に送信しても 1000 人に送信しても送信側の負担するコストは極わずかです.さらに受け取った人々に転送してもらえば,すごいスピードでメールは増殖して,広く人々に告知することができます.


1) トップ |
9) 次

※)注意:※のリンクは Google の変換サービスにリンクします.それに続くリンクは当サイトの変換サービス対象外です.