1) トップ

転送しないと殺されるチェーンメール

ここ数日で,あるチェーンメールが爆発的な流行を見せているようです.ぼくは チェーンメールについての相談をメールで受け付けている のですが,日曜日から数えて 150 件を越えるメールが来ました.1 月は 20 件未満だったのですから,突発的な大流行という感じです.ぼくの所にメールで相談を寄せた人は,小学生から社会人まで幅広い年齢層に分布していますが,特に中学生からが多いように感じました.

そのチェーンメールの内容は:

殺人犯探しを暴力団に依頼している.

暴力団は犯人に関しての情報を探していて事件内容と連絡先を書いた配布し,受信者に 10 人への転送を強要している.

転送しなかった場合は暴力団の人が殺しにくる.

たしかに,不気味なメールを受け取り,指示に従わなければ殺すと脅されれば不安になるでしょう.でも,そのような悪意のあるメールを他の人に転送すれば,受け取った人もとても嫌な気持ちになるのです.本当にそんなものを転送してしまってよいのでしょうか?

2006 年 2 月 20 日ごろから大流行したチェンメールについて静岡新聞の Web サイトで記事になっていました.

・ () 静岡県内ニュース(社会):悪質携帯チェーンメール若者間で"増殖"

静岡新聞から一部を引用します:

「このメールを10人に回さないと暴力団組員に殺される」などと記されたチェーンメールが県内の若者や子どもの携帯電話に送信されるケースが相次いでいることが21日までの県警生活安全企画課の調べで分かった。県警は「不安感をあおる悪質ないたずら。届いても無視して、他人に転送しないでほしい」と注意を呼び掛けている。

引用終わり.

従来の類似のチェーンメールでは,殺人犯を捜していて,メールの転送を止めたら犯人だとして殺すという話でしたが,今回は犯人でもなんでもないだろうけど,協力しない人はどんどん殺しますっていう訳です.


1) トップ |
9) 次

※)注意:※のリンクは Google の変換サービスにリンクします.それに続くリンクは当サイトの変換サービス対象外です.